奈良で外壁塗装、もし迷ったら…

外壁塗装業者選び、正しい方法を知っておきましょう。

ご自宅の外壁塗装を依頼したい。でも、ちょっと待ってください。この業界は、いわゆる悪徳業者も少なくありません。そうした手合いに騙されないよう、また信頼できる業者を見つけられるよう、ぜひ本サイトを参考にしてみてください。

信頼できる外壁塗装業者チェックポイント

いざ外壁塗装を依頼したいとなった場合、巷にはそれこそ星の数ほど業者があり、どこに依頼すればよいか分からない方も多いはず。そこで業者選びの際に、チェックしておきたいポイントをご紹介しましょう。ズバリ、以下の項目です。

累計施工件数が多い

これまで手がけた案件が多いほど、信頼性は高いと言えます。

創業からの年数が長い

施工件数と同じく、長くやっている業者はそれだけ信頼性もあり。

塗装専門業者である

中間マージンが発生しない、専門業者に直接依頼するのが賢明。

口コミ・評判が良い

実際にその業者に依頼した方の声は、なによりの判断材料です。

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

マツミ

創業半世紀以上!実績豊富な老舗の優良業者

施工件数:31,000件超
創業年数:52

公式サイトをチェック

マツミ

口コミ・評判

見積の段階から、素人にも分かりやすく丁寧に説明していただき、安心してお任せできると感じました。また細かいリクエストにも快く対応してくださりありがたかったです

お願いしたタイミングが、たまたま寒さが厳しい時期となってしまいましたが、そんな中でも職人さん達が、毎日一生懸命作業されていることが見てとれ感心しました

当初は別の業者を考えていましたが、地域で評判が高いと聞きつけ、お願いすることに。営業担当者さんの誠実さはもちろん、職人さん達の丁寧な仕事ぶりにも敬服です

マツミの特徴

掲げるモットーは「親兄弟の建物と思い塗る」こと!

これは創業者である先代社長が掲げたものだそうで、丁寧な仕事をするための合言葉になっているとか。こうした姿勢が口コミ評判の高さに現われているのでしょう。実際のサービスにおいても、見積もりから施工、アフターフォローまで同じスタッフが担当する方式とのこと。

公式サイトでマツミの詳細を確認

味波美装

奈良に根ざしてもうすぐ半世紀

施工件数:1,350件以上
創業年数:49

公式サイトをチェック

味波美装

口コミ・評判

レンガ模様の外観を活かすため、目地と表面を2色仕上げとリクエストしたところ、手間のかかる作業を丁寧に行なってくださり、満足行く仕上がりです。価格も他社より安価でした

外壁塗装を検討していましたが知識がないため勉強したいと参加したのがこちらのセミナーでした。一応、他社にも見積依頼しましたが、やはり縁のあるこちらに依頼しました

訪問販売してくる手合いにウンザリしていました。その点、こちらはしっかりと説明してくれ料金プランも複数提案してくれるなど、信頼できると感じました。仕上がりもとても満足

味波美装の特徴

プロタイムズ奈良・桜井店としての顔も

独立した業者であると同時に外壁塗装のフランチャイズチェーンとしての顔ももっています。もちろん下請け業者などは使わず、完全な自社職人による施工を実施。依頼者とのコミュニケーションも大切にしており、満足度調査では87%が満足と解答しています。

公式サイトで味波美装の詳細を確認

森田工務店

創業50年&奈良に密着の外壁塗装業者

施工件数:4,000件以上
創業年数:50

公式サイトをチェック

森田工務店

口コミ・評判

ご近所の家の作業風景を見ていて、テキパキ作業されているのを見て惹かれました。そのご近所の方に紹介していただき、本当に助かりました。もちろん出来栄えに満足です

友人がこちらにお世話になったとのことで教えられました。職人さんも現場監督さんも、よくしてくれ、作業完了日には、翌日からもう会えないと寂しく感じた位でした

屋根の補修も行なっていると聞きつけお願いしました。肝心の修理も何をどうしたか、キチンと説明してくれました。外壁塗装が必要になったら、お願いしたいと思います

森田工務店の特徴

ネット上では「外壁屋根塗装スマイル」の屋号も使用

建築士や施工管理技士といった資格者により外壁や雨漏りの調査・診断を無料でおこなった上で、依頼者の希望などに即したプランと見積もりを提示。地域密着で長年に渡って築きあげてきた「信頼できる業者」との声が、なによりの誇りであるとしています。

公式サイトで森田工務店の詳細を確認

他にもこんなに!奈良の優良外壁塗装業者をリストアップ

ヨネヤ

デザイン性により重きを置いており、レンガ調の凹凸を感じさせる外壁を塗装技術で表現する「3D施工」や、1階と2階で外壁色を塗り分けるツートーンやアクセントカラーをあしらうなどの提案にも長けているとのこと。

平松塗装店

施工対象エリアを奈良市内の本社から車で1時間以内の圏内に限定。なにかあれば、すぐに駆けつけられるようにするためと、同じ地域の一員としての絆というものを重視しているからという旨が説明されています。

永建工業

同社を率いる永濱代表は10年間の修行を経て、1998年に独立開業。その腕や真摯な姿勢などが認められ、現在では完全自社施行業者としての立ち位置を確立。話題の光触媒や遮熱塗料などにも対応しています。

楓工務店

フランチャイズチェーン「ガイソー」の奈良店としての顔をもち、ガイソーオリジナルの塗料を使うのが大きな特徴。その一方で、話題の宇宙開発技術を応用した遮熱塗料、日進産業「ガイナ」の取扱いも行なっています。

辰己工業

「ご自宅の外壁塗装は本当に必要ですか?」との呼びかけを行い、また塗り替え時期ではないのに言葉巧みに契約を押し付ける訪問販売業者の手口を批判。その上で無料の建物診断を受けて欲しいとしています。

ペイントリーフ

業界歴22年で1級塗装技能士の資格者という経歴の代表が率いる奈良市内の業者。事前の調査から洗浄、下塗り、中塗り、上塗りといった主要工程をすべて写真撮影した上で依頼主に報告するやり方を徹底しています。

和田塗建

旭硝子(AGC)フッ素塗料の認定施工店であり、TOTO光触媒塗料「ハイドロテクト」認定店でもあると強く訴求。独自に施工完了後、1年・3年・5年という周期で点検とメンテナンスも実施しているとしています。

良彩建装

ホームページ上にて、具体的な塗料の種類ごとに、目安となる耐用年数と、1m2あたりの費用目安、仕上げ別の追加費用なども公開。社長・スタッフの顔写真とプロフィールも掲載し「顔の見える安心感」を提供しています。

タケウチ建装

大手ハウスメーカーからの依頼にも対応しており、塗装技術は高いと訴求。ホームページにカラーシュミレーター機能も実装し。屋根や1階と2階、雨樋などの塗り分けをネット上で簡単に試せるようになっています。

いわき

創業1981年。実に35年の長きに渡り、本拠地の大和郡山市に根ざしてきた業者になります。設立当初より外壁塗装をメイン業務としてきたそうですが、近年では住宅のリフォーム全般にも対応しているとのこと。

トミックス

2008年設立の比較的“若い”会社になりますが、公共工事などの施工経験やマンションや店舗などの実績もありとのこと。施工技術のレベルは高いと訴求されています。話題の光触媒や遮熱塗料などにも対応。

奈良屋塗装

奈良県生まれ奈良県育ちである代表が、大阪での長年の経験・実績を積み上げた上で、満を持して地元で開業。ホームページ上にて、塗料の種類ごとや足場や洗浄などの料金目安なども記載しています。

村上塗装工業

1971年創業。45年以上におよぶ社歴を有しており、本拠地の大阪を筆頭に、奈良はもちろん、兵庫や京都など関西エリア全域を守備範囲としています。一戸建て住宅のみならず、マンションや工場、倉庫なども対応。

E空間

外壁塗装に関するセミナーを無料にて、月に数回程度定期的に実施。また、遮熱塗料や光触媒といった先進塗料の扱いに注力しており、後発業者ながら、ライバル業者との差別化に熱心であると見受けられます。

リコテック

大阪市本拠で近畿エリア一円が守備範囲。ホームページ上の実績紹介においては、これまで手がけた案件の塗装作業の工程が、事前の補修や洗浄も含め詳細に紹介されており、動画の作業風景も上がっています。

城下塗装

「一生お付き合いできる塗装店」を目指すのがモットーとのこと。一軒一軒に最適な施工を、塗装専門店として提供すると訴求。同社代表が、事前の建物チェックから見積、塗装作業まですべてに携わるとしています。

ペイント一番

東大阪市本拠で関西一円が施工エリア。読売新聞系列のポータルサイト「マイベストプロ」にて、大阪エリアの外壁塗装のスペシャリストとして同社の金山社長が紹介されています。話題の遮熱塗料「ガイナ」にも対応。

失敗しない!奈良の外壁塗装業者の選び方

複数業者で相見積もりする

外壁塗装の価格で損をしないためには、複数業者で見積もりを取ることをおすすめします。同じ延床面積であっても業者によって大きく値段が違ってくることもあるので、多くの業者を比較しないと損をしてしまいます。同時に見積もの内訳は明確であるのかをしっかり確認して、わからないところがあれば質問しましょう。

ただ単純に安いだけではよい外壁塗装業者とは言えません。塗料や人員が足りない状態で、安く見積もり手抜き作業させてしまうような悪徳業者も中には存在します。見積価格を比較しつつ、どれだけの人件費と材料費がかかってくるのかを比較するのも大切なポイントになります。

特に外壁塗装の内訳は素人にはわからないものです。よって比較対象が多いほど、極端に安い業者や高い業者が目立ち、相場も明確になってくるので悪徳業者を見抜きやすくなります。よって複数業者で見積もりを取るようにしてください。同時に見積無料なのかも確認しておくと安心ですよ。

実績(施工件数)が1000件以上あると安心

外壁塗装の施工実績が豊富な業者を選びましょう。目安は1000件以上です。多くの実績は、多様な現場に対応できるだけの力量がある証です。また手際よく施工できることにもつながるため工期を短縮でき、そのぶん価格を安くすることにもつながります。

また施工実績の多い外壁塗装業者はコンスタントに仕事を得られる傾向があるので、大量に塗料を仕入れます。まとめて仕入れると安くなるため、塗装工事自体も安く施工できることにつながるでしょう。

1000件以上の外壁塗装の施工実績は信頼されている証です。悪徳業者であれば、ここまでの実績を積み上げていくのは難しいと言えるでしょう。外壁塗装の施工数と経営期間は比例しており、多いほど信頼につながっていると言えます。

創業年数(安定した経営)が10年以上ある

10年以上の創業年数がある外壁塗装業者は、比較的経営も安定しています。同時に県知事が許認可する「塗装工事業許可証」も10年の施工経験によって得られます。よって経営10年以上の外壁塗装業者を選ぶのがベストでしょう。塗装工事許可証は優良業者を探すときのひとつの目安になります。

ある調査によると10年未満の経営実績がある外壁塗装業者が倒産する確率は、90%だと言われています。後々欠陥が見つかってメンテナンスしてほしくても倒産してしまっては何のサービスも受けられません。

また10年以上の経営実績がある外壁塗装業者には、長年在籍している腕のよい職人がいる可能性が高いのも、オススメする理由のひとつです。よって外壁塗装業者を選ぶ際は、創業年数の長が一つの基準となります。

口コミ・評判が高い

多くの人が自由に書き込めるネット上の外壁塗装業者の口コミの評判は、業者選びのひとつの目安になります。実際の利用者の声は大変参考になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ただステルスマーケティングという手法で、実際に外壁塗装業者を利用していないのにもかかわらず良い評価を投稿している業者もあります。また他社の評判を下げて自社の評価を獲得している業者もいるので注意しましょう。さらに悪い評価をした人に対し、法的手段を掲げて悪評を取り下げるよう脅す悪徳業者もいます。

いくら外壁塗装の悪徳業者が評判をアップするために細工をしても、悪評は絶えることがありません。ネットで検索すれば、悪い評価は見つかるのでぜひ探してみましょう。ただいくらでも操作できてしまうネット上の情報はうのみにせず、参考にする程度にすることも忘れないでください。

専門知識を持っている誠実な業者を選ぼう

誠実で専門知識を持っている外壁塗装業者を選びましょう。たとえば外壁の材質によってマッチする塗料は違い、紫外線から守る塗料、コンクリートの劣化を防ぐ塗料など、外壁に合わせて選択します。ところが悪徳業者は外壁塗装の知識がないため、外壁の材質に合わない安い塗料を選び、施工価格を下げることもあります。すると外壁やその他のパーツの劣化も早めてしまい、修繕にムダな費用がかかってしまいます。いずれも外壁や塗料に対しての知識がないことによって起きるトラブルですので、施工実績豊富で専門知識のある外壁塗装業者を選ぶことが大切です。併せて同時に儲けるため安くすることばかりに気を取られている業者でなく、最適な塗料を選んでていねいに施工してくれる業者を選びましょう。

国家資格「塗装技能士」を持っていると安心

外壁塗装業者の代表者が「1級塗装技能士」という厚生労働大臣認定の国家資格をもっている業者を選びましょう。外壁塗装の施工経験が7年以上なければ受験資格を得られない資格ですので、実績や技術力について問題がない業者の証だと言えます。

 

よって外壁塗装工事に必要なだけのコストをしっかりかけているか、施工現場を熟知しているのかどうかを見分ける基準になります。外壁塗装はただ安ければいいのではなく、適切な塗料を選んで、高い技術力で施工を行う業者を選ばなければなりません。

先にも述べた塗装工事業許可が認可されているか、代表者が1級塗装技能士を保有しているのか、どちらかの業者を選べば、実績や技術は証明されていると言えます。外壁塗装業者選びの重要ポイントになるのでしっかりチェックしましょう。

外壁塗装業者選びは、これらの条件を満たしているところに相談することをおすすめします。当サイトでは、奈良県の優良業者をピックアップしていますので、ぜひ参考になさってください。

外壁塗装ってそもそも必要?

外壁塗装の目的は保護するため

高額にのぼる外壁塗装はできればしたくないというのが本音ではないでしょうか。「外壁塗装」というと住宅の外観を美しく保つために必要だと思う方は多いでしょう。しかし本当の目的は紫外線や雨などのダメージから保護し、長持ちさせるために行われます。

塗料による塗膜には防水効果があるので、雨による雨漏りや断熱材の腐食などを防いで、住宅を長持ちさせます。ただ時間の経過とともに塗膜は、紫外線や雨などによって劣化してしまいます。すると防水効果が衰えてしまうので、塗り替えなければなりません。サボってしまうと住宅の劣化が早まって、寿命が短くなってしまいます。

塗膜の寿命は、新築時で5年から7年程度、塗り替え用の塗料で10年程度です。一般的な住宅の寿命は30年だと言われていますので、2、3回の塗り替えは必要になってくるでしょう。

外壁塗装の目安の時期

住宅の寿命が30年だとすると、外壁塗装の目安の時期はどのくらいになるのでしょうか。塗膜の劣化の進行状態や目安時期を知っておくと安心です。

塗膜の劣化の進行状態

徐々に劣化してくる塗膜の進行状態は、以下の通りです。

  1. 最初は外壁につやがありますが、徐々になくなってきます
  2. 色の鮮やかさが低下し、くすみがちになってきます
  3. 塗膜が劣化し、外壁を手で触ると白い粉がつきます。これをチョーキングと言い防水効果が切れてしまった状態です
  4. 防水性が低下し、湿気を受けてコケや藻がつきます
  5. 外壁の角や窓の四隅にヒビが発生します
  6. 塗膜がはがれてくるので、防水性がなくなってしまいます

外壁の塗り替えに最適な時期は3、4の防水効果が衰えてしまった頃です。自分でチェックして、塗膜の防水機能の衰えの兆候が現れてきたら、外壁塗装を依頼するのがベストでしょう。6の段階だと下地の補修から行わなければならず費用がかかってしまうので、早めに行うことをおすすめします。

塗り替えの目安

外壁を手で触って白い粉がつく頃が外壁塗装の目安ですが、年数にするとだいたい10年くらいになります。よってはじめの塗り替え時期は新築10年くらいになるでしょう。ただ10年経過した段階で劣化症状が出てしまっているので、7年から8年くらいに意識し始めると安心だと言えます。

奈良県は湿度が高くて外壁が傷みやすい?

引用元:統計から知る奈良(http://www.pref.nara.jp/koho/kenmindayori/tayori/t2012/tayori2405/nara_toukei2405.htm)

奈良県は湿気が強い都道府県、全国3位にランクインしています。さらに北部は暑く、南部は日本屈指の多雨地域ですので、住宅にとって最悪の条件が重なっています。雨水、湿気、紫外線の影響を受けやすい奈良県は、住宅の劣化が進みやすい地域だと言えるでしょう。

まず奈良県南部は雨の多い地域ですので、外壁は雨水に多くさらされ塗膜がはがれやすくなります。防水効果を持った塗膜がはがれてしまうと、外壁本体が水分を吸収して劣化しやすくなります。

奈良県北部の夏場は特に暑いので、紫外線の影響を受けやすい地域です。外壁の塗膜の劣化は雨の他にも紫外線が大きく影響しています。紫外線によって塗膜がはがれやすくなってしまい、家が傷みやすくなってしまいます。

雨や紫外線の影響によって外壁の塗膜が劣化しやすい奈良県は、全域を通して湿気が高い傾向にあるのも特徴です。湿気によっても、常に家が傷みやすい環境にいるといっても過言ではないので、外壁塗装をおすすめします。

奈良で注目の外壁塗装業者リスト

外壁塗装、業者選びから基礎知識まで[奈良県版]

HOME
おすすめの外壁塗装業者【奈良編】

MORE

これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識
【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために
サイトマップ

↑