【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために

このページでは、ご自宅や所有物件の外壁塗装を依頼する際、悪徳業者に騙されないためのポイントについて述べていきたいと思います。

外壁塗装の悪徳業者、そのやり口や見分け方

国民生活センターによると、外壁塗装に関するトラブル報告は、年間5,000件以上にも及んでいるそうです。実に残念なことですが、外壁塗装業者の中には悪徳業者と言われる業者が少なくありません。なぜそうなってしまうのか、やはり消費者(依頼者)の無知に付け込んでくるということでしょう。

しかし、逆にいえば、施主側がある程度の知識を身につけておけば、悪徳業者の手口を見抜け、さらには業者側も「これは騙せない」と手を引くはずです。では、具体的なポイントを挙げていきましょう。

「訪問販売」をしてくる業者は、基本無視

そもそもネットやスマホがこれだけ発達した今のご時世、訪問販売をしている業者には要注意。こうした業者が常套句としてくるのが、「特別にモニター価格で」や「足場台などもすべて込みで」といった甘言。もちろんお得なプランなどではあるはずもなく、相場より高い値段である場合がほとんど。

塗料や各種費用の知識を身につけておけば、突っ込んだ質問を連発するだけで、すごすご退散していくはずです。

契約を急かせる、不安を煽る

上記の訪問販売業者もよく使ってくる手口ですが、例えば「今すぐ塗装工事をしないと、取り返しのつかないことになる」などと言って契約させてしまうやり方です。

確かに外壁塗装は建物の寿命を伸ばすために必要なことですが、外壁塗装をしないからといって、すぐに住めなくなるわけではありません。

誇大なメリットを謳ってくる

典型的な例が「この塗料なら、半永久的に持ちます」と言うもの。現在流通している塗料は、高品質な物をメーカーが推奨している塗り方をしていても、20年が限度。

多くの良心的な外壁塗装業者は、耐用年数の前に「塗り替えの案内」を出している点を見ても、半永久的な塗料が実在しないことが分かりますね。

最初に提示してきた金額を、大幅に値引きしてくる

これまた相場料金などに無知な消費者を陥れる手口です。例えば最初は300万円という値段を提示しておき、渋ると半額の150万円に値下げ。このことに、消費者はさもお得のように錯覚してしまうのですが、もちろんこれはカラクリがあります。

150万円まで下げるということは、実際、この工事は初めから80万円程度の費用で行われるものと考えられます。

また、無理な値下げは施工の質にも関わります。こうした「契約を取ること」だけしか考えない業者には、依頼しないようにしましょう。

見積書の記載は適正か

例えば「外装トップコート塗り 足場込み一式 ○○○円」と1行しか書いてない業者を信頼するのは難しいもの。

逆に、キチンとした業者であれば、足場を組む面積や養生シートを使う面積、そして塗装する外壁の面積や外壁の種類、下塗り、中塗り、上塗りごとに、使用する塗料の種類と量、塗り方(ハケ塗り・ローラー塗りなど)の詳細を網羅しています。

いかがでしょうか。こうした悪徳業者のやり口というのは、実は正しい知識を持っていれば見抜けるものでもあるのです。

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

奈良で注目の外壁塗装業者リスト

外壁塗装、業者選びから基礎知識まで[奈良県版]

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

HOME
おすすめの外壁塗装業者【奈良編】

MORE

これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識
【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために
サイトマップ

↑