施工費用の相場は?

本ページでは、外壁塗装の費用相場に関して、塗料の種類による違いや必要となる費用、目安となる金額などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

依頼前に知っておきたい、外壁塗装の費用相場

本サイトで繰り返し述べています通り、一般の方にとって外壁塗装は馴染みが薄いというのが現実です。そのため、悪徳業者による詐欺や法外な料金の吹っかけといった事例も少なくありません。

そうした手合いに騙されないためにも、費用に関する知識を深めておき、正しい判断や業者選びができるようにしておいてください。

ではまず、あくまでも参考例ではありますが、床面積60~100平米2階建で、養生や仮設足場、事前の洗浄などの諸費用も含んだ外壁塗装+屋根塗装の目安料金を見てみましょう。

  • アクリル樹脂系塗料…約60万~110万円
  • ウレタン樹脂系塗料…約75万~125万円
  • シリコン樹脂系塗料…約85万~140万円
  • フッ素塗料…約150万~250万円

これらはあくまで目安です。実際には、様々な要素によって見積り額は変わってきます。とりわけ料金を大きく左右するポイントには次のようなものがあります。

塗装する外壁の面積

例えば床面積が同じ60坪たったとしても、長方形や正方形の場合と比べ、L字型やコの字型の場合は壁面積が大きくなるため、必要な塗料の量も変わってきます。

また窓の面積の大小によっても然り。つまり、外壁塗装では建物の坪数ではなく、壁面積によって料金が変わってきます。

木部や鉄部の傷み、ダメージなど

例えば、傷みが激しい木部の場合、修復作業にかかる手間はもちろんのこと、塗料の吸い込みが増し、塗料の使用量や重ね塗りの手間と時間がかかります。

より深刻なダメージの場合は、工務店や板金業者などの専門家への修理依頼が必要になり、その費用分が加算されます。

外壁の種類

表面が滑らかでツルツルとした手触りの壁材と、デコボコやザラつきのある壁材では、後者の方が塗料の吸い込み方が増えるため、必要な塗料の量が変わってきます。

実際にあったケースでは、同じ面積でも、使用する塗料の量が3倍違うというケースもあった程だとか。

足場の組みやすさ

住宅密集エリアなどで特に顕著ですが、隣家との境界が狭い程にプラスアルファの料金が必要になってきます。

隣の家との隙間が1m無いのか、それとも3mほどあるのか。たったそれだけの差でも足場を組む作業の難易度には格段の違いがあります。ちなみにこの場合の追加費用は「狭所作業費」と呼ばれます。

いかがでしょうか?外壁塗装の費用は施工する建物によって異なるため、業者への見積りを複数社依頼し、比較・検討することが重要です。その際の目安として、相場と比較し、なぜその値段なのかをキチンと納得できるよう説明してくれる業者かどうかが重要です。

もちろん極端に高い、あるいは逆に安すぎる業者には要注意です。説明をはぐらかすようなら、なおさら裏になにかあると思った方がよいでしょう。

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

奈良で注目の外壁塗装業者リスト

外壁塗装、業者選びから基礎知識まで[奈良県版]

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

HOME
おすすめの外壁塗装業者【奈良編】

MORE

これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識
【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために
サイトマップ

↑