どんな塗料が良い?

本ページでは、外壁塗装に用いられる塗料の種類と、それぞれの特色、さらには外壁材に関する知識などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

外壁塗装の塗料には、どんな種類があるの?

外壁塗装の塗料は耐用年数が長いものほど、価格も高くなる傾向があります。また外壁の素材や塗る部位によって、向き不向きも変わってくるという側面も持っています。

それゆえに、大切な自宅を美しく甦らせるには、その道のプロによる、最適な塗料の選択や提案が不可欠です。

では、主な外壁塗装向けの塗料について見ていきましょう。上段は比較的安価な反面、耐久性は短め。下段は高額な反面、耐久性も高くなります。

アクリル系塗料

モルタルやサイディング壁への塗布に向いている塗料で、耐用年数は5年から8年程度。比較的安価で利用される頻度が高い反面、紫外線に弱いというデメリットがあるため、屋根や建物の南側・西側などには不向きとされています。

ウレタン系塗料

耐用年数は6年から10年程度。アクリル系に比べ紫外線に強く、水を弾く性質もありますが、汚れが付着しやすいという弱点も。

板張りなど木材の外壁にも使用できます。

シリコン系塗料

耐用年数は8年~15年程度。紫外線に強く親水性もあるため、汚れを防ぐ効果も望めます。

耐久性とコスト面のバランスの良さから、現在では外壁塗装に用いられる頻度が高くなっています。また板張りなど木材の外壁にも使用可能。

フッ素系塗料

耐用年数は12年~20年程度。塗膜の寿命が長く、抜群の耐候性を誇ります。外壁よりも、むしろ屋根塗装に用いられるケースが多いと言えます。

デメリットは価格の高さと、木材などには使用できない点。また塗装面が硬いため、外壁にヒビが入ると一緒に割れてしまいます。

これらの他にも、より安価な合成樹脂を調合した塗料や、逆に新世代の機能を持つ、より高価な光触媒塗料や遮熱塗料などがあります。

ご自宅の外壁はどの種類?

では、住宅の外壁に使われる材質についても見ておきましょう。

モルタル系

セメントなどと一緒に練り上げたモルタル材を左官屋さんがコテで塗っていき、乾燥させて壁とする方式です。

吹きつけタイル

凹凸が無く滑らかな表面をしているため、比較的少ない塗料で塗れます。

ジョリパット

表面の凸凹は少ないものの、表面にザラザラ感があり塗料を吸い込みやすいため、塗料が比較的多めに必要です。

リシン/スタッコ

表面が粗く凹凸も激しいため、塗料の吸い込みは吹きつけタイルの3倍ほど。塗装の手間と時間もかかります。

サイディングボード系

工場で生産された板状外装材で、デザイン性、耐火性、耐水性などに優れ、現代の一戸建て住宅の主流となっています。

窯業サイディング

木材やセメントなど、非金属原料を使って加熱処理したもの。サイディンングの中でも主流となっています。

金属サイディング

アルミやスチールなどの金属材料を使ったもの。質量が軽いのがメリットです。

木製サイディング

窯業サイディングと異なり熱処理をしていないタイプ。日本では生産量が少なく、海外製がほとんど。

樹脂サイディング

平たくいえば強度に優れたプラスティックを用いたもの。軽量かつ断熱性が高いメリットがあります。

板張り

その名の通り、木材を使用した外壁で、「下見板」「羽目板」とも呼ばれます。使用する塗料には特に注意が必要です。

上記のような塗料と壁材のベストな組み合わせは、はっきり言って素人では判別できません。

自宅の美しい外壁を保つためにも、必ず塗装のプロに相談しましょう。

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

奈良で注目の外壁塗装業者リスト

外壁塗装、業者選びから基礎知識まで[奈良県版]

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

HOME
おすすめの外壁塗装業者【奈良編】

MORE

これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識
【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために
サイトマップ

↑