頼むのはどの会社?

本ページでは、ご自宅や所有する物件の外壁塗装を依頼するにあたり、正しい業者の選び方や失敗しないためのポイントについて解説していきたいと思います。

外壁塗装の依頼、失敗しない業者の選び方とは?

おすすめできる外壁塗装の業者とはズバリ、地域に根ざして一定以上の社歴と施工実績があり、自社施工を行なっている塗装専門業者です。

加えて、あまり知られていませんが、厚生労働大臣・塗装技能士(職人個人の資格)または塗装業の県知事許認可 (会社に与えられる許認可)といった「塗装に関する資格」を有している方が望ましいでしょう。

実は外壁塗装の施行は、塗装専門業者の他にも、ハウスメーカーや工務店、リフォーム業者、そして近年ではホームセンターなどでも請け負ってくれます。これらの業者がダメという訳ではありませんが、仕上がりの質や費用、その後のアフターサービスまでをトータルで考えると、専門店の方がベター、ということです。

なぜかといえば、これら業者の多くは受付窓口でしかなく、実際に作業を行うのは下請けや孫請けの塗装業者だからです。そのために中間マージンが発生し、同じレベルの仕上がりなのに費用は余計にかかることになります。

加えて、窓口の担当者は塗装のプロではないので、知識が乏しいためにトラブルの元になることすくなくありません。「餅は餅屋」の諺の通り、外壁塗装は自社施工で中間マージンが発生しない塗装専門業者に依頼するのが賢明です。

塗装専門業者の善し悪しはどう判断すべき?

その上で、優良で良心的な業者を選ぶポイントはまず、その業者の創業年数とこれまでの実績です。長く、多くこの商売に携わっているということは、それだけその仕事ぶりや信頼を見て取れるからです。

また、塗装に関する資格を有しているのもプラスの要素です。ただし、職人個人は塗装技能士の資格を持っていたとしても、会社が悪徳業者では、手抜き工事を指示されることも考えられますので注意が必要です。逆に、代表者が塗装技能士の資格をもっていれば、信頼度は高くなります。

さらに、その業者がどのような施工を行うのか、見積もりの記載内容は詳細かといった点も大きな判断基準となります。

洗浄や下地処理を経て、下塗り、中塗り、上塗りの3回をキチンと行わない業者は、正当な理由でもない限り論外です。見積書に詳細な内訳がなく、一式●●万円と1行で済ませているような場合も然りです。

もうひとつ、その業者の所在地に出向いてみるのも有効です。例えば、自社施工をアピールしていながら事務所がマンションの一室であるような場合は、実際には下請けに丸投げしている可能性大です。

逆に、塗料材料や塗装道具、足場用の金物類、養生シートなどの置き場があることが確認できるような業者は、信頼性大です。

以上を総合し、好感が持てる業者を数社ピックアップし、見積もりを依頼して比較検討するというのが、間違いない方法です。

金額の大小だけではなく、技術やアフターフォロー、使用する塗料の種類や工期、保証の有無なども踏まえた上で、依頼する業者を決定してください。

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

奈良で注目の外壁塗装業者リスト

外壁塗装、業者選びから基礎知識まで[奈良県版]

奈良のおすすめ外壁塗装業者3選

HOME
おすすめの外壁塗装業者【奈良編】

MORE

これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識
【特集】外壁塗装の悪徳業者に騙されないために
サイトマップ

↑